健康のため気をつけること

現在は、医療が発達し、ほとんどの病気が治る時代ではありますが、なるべくなら病気にはなりたくないと思うものです。

病気になったとき初めて健康体であることのありがたさを知り、一度入院した人などは、退院後は健康に気を使う生活になります。

健康とは一朝一夕でなるものではなく、若いころであれば、病気の治りも早いですが、歳を取ると免疫力の低下から、病気にかかりやすく、治りにくくなり、風邪をひいただけで命を落とす危険性があります。

そうならないためにも、健康に気を使い、規則正しい生活を送ることが大切です。健康である為に大切なのは食生活です。

野菜中心で、自分にあった量を食べ、お酒・タバコを控え適度な運動を続ける事が健康であるため必要な事です。

足りない栄養素はサプリメントで補い、塩分控えめ生活で、定期的に医者に診察してもらえば尚よしです。

後は、心身ともにストレスをためないようにし、生きがいや、やりたいことなどを見つけ、日々明るく楽しく生きている人の方が長生きするので、定年後などは余った時間何するか真剣に考えましょう。

健康であるという事は、自分が幸せな1日をおくるために必要なことなので、努力をおしまず、若いころと同じような生活・食生活は送らないようにしてください。

このページの先頭へ